猫の里から

ご訪問、ありがとうございます。(^∧^)

| HOME |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シロ子ちゃん…

捨て猫ボランティアをしているTさんが、ご自宅でお世話をしているシロ子ちゃんは、
全身が雪のように真っ白の、パッチリと大きな目をした、本当に可愛らしい白猫です。

この夏、猛暑が続いていた8月上旬にシロ子ちゃんは、ガリガリに痩せた体になり、
グッタリと動かない状態で保護されました。

保護したTさんが、すぐに病院へ連れて行ったのですが、
その時の先生の見立てでは、もう長くはもたないかもしれないと
言われたのだそうです。

それでも先生にTさんが「何とか助けて欲しい」と頼み込み、
点滴と注射をしてもらい帰ってきました。

Tさんとシロ子ちゃんは、その日が初対面でしたし、知らない家に連れてこられた上に
かなり衰弱が激しく、Tさんがシロ子ちゃんの為に用意した、箱で囲った寝床から
全く動かない状態でした。

≫ Read More

スポンサーサイト

| 公園のネコたち | 19:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日も天気になぁ~れ!

お土産を持っていつもの公園へお散歩♪
たくさんのネコ達に会いました。

このコ、見えますか?
2222.jpg

すっかり周りの景色に溶け込んでますよね。(=^・^=)b


ゆっくりお散歩していたら、いつのまにか空は夕焼け…

≫ Read More

| 公園のネコたち | 00:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心の中のグリザベラ

ミュージカル『キャッツ』の中で、『メモリー』を感動的に熱唱するグリザベラというネコは、若い時は美しい人気の娼婦でしたが、年老いた今は、誰にも相手にされずに寂しく生きているおばあさんネコです。

ジツは、私の心の中に、このグリザベラとイメージが重なる1匹のおばあさんネコがいます。


Touch me, it's so easy to leave me
All alone with the memory
Of my days in the sun.
If you touch me you'll understand what happines is
Look, the new day has begun.

------------------------------ Memory


彼女との出会いは、もうずいぶん前のことになるのですが…

≫ Read More

| 公園のネコたち | 15:17 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャッツ ~ 公園のジェリクルキャッツ達

いつも行く大きな公園には、たくさんのネコ達が暮らしています。

色々な事情でそこに集まったネコ達を見ていて、10年くらい前にオットとふたりで見に行ったミュージカルのキャッツを、フッと思い出しました。

このミュージカルのストーリーは、人間に飼い馴らされずに、強くしたたかに生きているジェリクルキャッツ達が、年に一度集まって、最も純粋なジェリクルキャッツを選ぶ舞踏会を開く、というモノです。

お話の最後の、ジェリクルキャッツが選ばれる場面は、とても感動的でした。
ちょうど今、東京で公演していますので、機会があればまた見に行きたいと思っています。

もちろん『キャッツ』は架空のお話ですが、でも…




■■■■■■■■■■■※画像は『amazon』からお借りしました。

≫ Read More

| 公園のネコたち | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どうか、いつまでも…

昨日は公園でたくさんのネコ達に会いました。

000000000000
まず最初に会ったコです。
koen1.jpgkoen2.jpg

すでにお土産をもらったらしく、林の奥の方でお食事中でした。
0
000000000000
次に会ったのがこのコです…

≫ Read More

| 公園のネコたち | 12:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

公園のネコたち

今日はお天気が良かったのでお土産を持って、トムに会いに公園へ行きました。
トムの写真を撮ろうと思いカメラを持っていったのですが、残念ながらブレブレの写真ばかり…。トムはとっても元気なコなので、少しもジッとしてくれないのです。
左のコがトムですtomto1.jpg

右のコは、いつも必ずトムと一緒にいるコです。とても警戒心が強く、離れたところでジッとしていますので、こちらは上手く撮れました。持っていったお土産を、いつもこのコにもあげているのに、ゼンゼン私たちのことを憶えてくれなくて、決して近寄って来ません…。(T_T)
私たちを警戒して、ジッとしています…tomto2.jpg

厳しい冬を乗り切る為に、お世話をしている方たちがいっぱいゴハンを持って行くので、この時期はみんなマルマルとしています。そのお陰でこの冬も無事に過ごし、暖かくなった今、トムもこのコも元気いっぱいです。

仲良くお食事中tomto.jpg

| 公園のネコたち | 16:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浮気の相手 ~inside my mind

私たち夫婦には、ある1匹の忘れられない子ネコがいます。

週末になると出かけていた、クとミがいた大きな公園で出会い、顔なじみになった子ネコです。

公園では、たくさんのネコたちが、数匹から十数匹のグループを作って、ゴハンを運んで来る人を待っているのでした。

その公園に行くとき私達は、自分達のお弁当のほかに、サンマの頭やカニカマなどをお土産として持って行き、ネコたちに会うのを楽しみにしていました。

そうやって、なんどか公園に行っているうちに、愛称を付けて呼ぶようになるほど、顔なじみになったネコが数匹いたのですが、その中の1匹です。

私たちはそのコに、『ファントム』という愛称を付け、呼びかける時は縮めて『トム』と呼んでいました。

片目にかけて白い模様が入った顔が、ちょうど『オペラ座の怪人』のファントムのように見えたからです。

まだ生後半年も経っていないような、キジトラのオスの子ネコでした。

≫ Read More

| 公園のネコたち | 20:35 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。