猫の里から

ご訪問、ありがとうございます。(^∧^)

PREV | HOME | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黒猫クのクリスマス ~黒猫ク、ソリに乗る

★ ニコラスとルドルフと黒猫ク  ★

雪降るクリスマスイブの夜、遥か天空を、赤鼻のトナカイの牽くソリが、サンタクロースを乗せて駆け巡っています。

なんと、そのソリに、黒猫クが乗せてもらったんです。
(もちろん、フィクションです…。(^_^;)

linxmas.jpg

黒猫ク : ねえ、サンタさん。

サンタ : なんじゃ?

黒猫ク : どうしてボクをソリに乗せてくれたの?

サンタ : それはのう。暗闇でも見わたせる大~きな瞳と、どんな小さな音でも聞き分ける、大~きな耳が、暗い夜空の中で、レーダー代わりになってくれるからなんじゃ。

黒猫ク : どうしてボクが、北半球の係りなの?

サンタ : 黒猫ク、お前さんは、暑がりじゃろ?暑さに弱くて、寒さに強い。普通、猫はみーんな寒さに弱い。三毛猫ミみたいに、暑さに強くて、寒さに弱い猫じゃ、冬の北半球を駆け巡ることはできないからじゃよ。

黒猫ク : じゃあ、南半球には三毛猫ミを連れてくの?

サンタ : そうじゃよ。オーストラリアのクリスマスは真夏じゃてな。三毛猫ミは暑さに強いから、南半球へ行くときはミを連れて行くことにしたんじゃ。

黒猫ク : なるほど。それならバッチリだね!



黒猫ク : ところでサンタさん、どうしてソリを牽いているのは赤鼻のトナカイなの?

サンタ : ルドルフのことか?

黒猫ク : そう。

サンタ : ルドルフはな、鼻の赤いトナカイということで、トナカイ仲間からバカにされておった。

黒猫ク : かわいそうに。コンプレックスになっちゃうよね。

サンタ : そうなんじゃ。ルドルフは、すっかり自信を失っておった。

黒猫ク : それで?

サンタ : ロンドンのあたりは、深い霧が立ちこめていてな。行く先が見えないどころか、家の入り口になる煙突さえ見えなくなるんじゃ。

黒猫ク : ロンドンって、霧の都って呼ばれているんでしょ?

サンタ : そうじゃ。そこで、ある年のクリスマスに、ルドルフを連れて行くことにしたんじゃよ。

黒猫ク : どうして?

サンタ : 赤い鼻が照らしてくれるからのう。

黒猫ク : あ、それで赤鼻のルドルフなんだ!

サンタ : そうじゃ。ルドルフの赤鼻のおかげで、世界中の子供達へプレゼントを届けられるのじゃ。

黒猫ク : コンプレックスに思うことは無かったんだね。

サンタ : そうじゃよ。物事には必ず二面性がある。悪く見れば悪く見えるし、良く見れば良く見えるもんなんじゃ。

黒猫ク : 今じゃすっかり人気者だもんね、ルドルフ。

サンタ : そうとも。ルドルフの赤鼻から発生する赤外線を、北米航空宇宙防衛司令部が追跡しているくらいじゃ。

黒猫ク : ニャに?航空宇宙防衛?

サンタ : 驚いたかね?こちらを御覧?

  NORAD Tracks Santa

黒猫ク : ニャンと!アメリカとカナダの境界線に沿って47ケ所に設置されたレーダーシステムで追跡だって!

サンタ : それに、上空22,300マイルにある静止衛星からも。

黒猫ク : 年に一度だけクリスマスイヴに使用するハイテク高速度デジタルカメラで撮影!

サンタ : 12機のF-15戦闘機とF-16戦闘機もな。

黒猫ク : すごいニャア。

サンタ : もともとは、間違い電話から始まったんじゃ。

黒猫ク : どういうこと?

サンタ : ワシと話せる電話番号ということで、ある店が広告に電話番号を載せたんじゃが、その電話番号が間違って載ってしまってのう。

黒猫ク : 間違って掲載された電話番号が、防衛司令部の電話番号だった?

サンタ : その通りじゃ。そこへ子供から電話が入ったわけじゃ。「サンタさんは、どこにいるの?」って。

黒猫ク : 間違い電話だね。

サンタ : そこで、ユーモアたっぷりの大佐が電話に出て、「サンタは北極点を南に向かった」と言っちゃったもんだから…。

黒猫ク : 子供達は大喜び!

サンタ : そうなんじゃ。それ以来、北米航空宇宙防衛司令部は、ボランティアで、クリスマスの日に、ルドルフの赤鼻から発せられる赤外線を追跡して、ワシらが世界のドコにいるのか、リアルタイムで全世界へ伝えておるんじゃよ。

黒猫ク : 壮大なスケールだね!

サンタ : もともとは、聖ニコラスという司教が、貧しい家の子供にプレゼントをあげたりしたことから始まったんじゃが、いやはや大掛かりな話になってしもうたわい。
おや、そろそろ目的地じゃぞ。レーダー係の黒猫くん。どこに下りれば良いのか、宜しくナビゲートしてくれよ。頼んじゃぞ。

こうして、サンタと黒猫クを乗せたソリは、目的地の街に降りていきました。世界のあちこちから、子供たちの声が聞こえます。

Zalig kerstmis! Joyeux Noel! Feliz Navidad! Buon Natale! Frohe Weihnachten! Feliz Natal! Merry Christmas!

Copyright(C) 2006 otto&tu-, All Rights Reserved. (^_^;)


sant.jpg


| 黒猫クのクリスマス | 22:41 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006/12/20 09:05 | | ≫ EDIT

わお!今回はSFチックな軽快なお話でしたね!
いつも楽しいお話を有難うございます~v-290
つーさんの暖かい気持ちがいっぱい詰まってる気がしました。

| 小鉄 | 2006/12/21 16:59 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます @ つー


>小鉄さんへ
ホントにSFチックですよね。(o^-')b
『レーダーでサンタクロースを追跡』だなんて、とってもアメリカっぽい楽しいジョークですよね。
このHPを見つけた時は、思わず見入ってしまいました。(o´艸`o)

| つー | 2006/12/24 12:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gattonero.blog36.fc2.com/tb.php/147-c73e6180

TRACKBACK

PREV | HOME | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。