猫の里から

ご訪問、ありがとうございます。(^∧^)

PREV | HOME | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黒猫クのサンタクロース

さて、『黒猫クのクリスマス』シリーズ、いよいよ第5弾。
もちろん、全部フィクションです。(^_^;)

linxmas.jpg

最近ウチの黒猫ク、いつか大食い選手権にでも出るつもりなのでしょうか?
この頃、やたらに大食なんです。

今朝だって、私が朝ゴハンをあげたばっかりなのに、オットへ向かって、

「朝ゴハン、まだ食べてにゃー!」
とねだり、まんまと2回目の朝ゴハンをせしめたのでした。

いつもなら、クの食事後には、お皿から床にハジキ飛ばされたカリカリが、思いっきり散乱しているのですが、それも綺麗に食べてしまいます。

ミが残したカリカリも、きれいサッパリと平らげて、お皿にも、床にも、1粒のカリカリも落ちていないのです。

それでもまだ物足りなそうに、お皿をじーっと見つめるクの背中が、あまりにも寂しそうなので、ついつい追加のカリカリをあげることもしばしば。

あまりの大食いぶりを心配した私は、オットへ相談しました。

「この頃、クの食欲がスゴイんだけど、どうしたのかしら?」

オットは脳天気に、「冬だからじゃないの?熊だって、そうでしょ。」
と答えやがるので、

「クマさんは冬眠するから、その前にたくさん食べなきゃいけないけど、ウチのクは冬眠しませんが?」

そんなアホな夫婦の会話をクは、耳だけこちらへ向けて背中で聞いていましたが、その後も食欲はどんどんスゴクなっていきました。

    

そんな日が続いたある夜、クは、こっそりと家を抜け出してどこかへ出かけたのです。心配になった私は、後をつけてみることにしました…





しばらく歩いていくと、クは、あたりを見回して、植え込みの中へを姿を消しました。

「しまった!見失っちゃう」

と思って駆け寄ろうとした時、クが、大きな袋を重そうに引きずりながら、茂みから出てきました。なにやらゴソゴソと、袋の中を確認しています。

私は、袋の中が見えるところまで近づき、物陰に身を潜めました。
「あの袋の中には、何が入っているのかしら?」

気付かれないように、そっとのぞいてみると、袋の中にはカリカリが入っていました。
実はクは、たくさん食べたふりをして、せっせとカリカリを貯めていたのでした。

クは、その大きな袋を「よいしょ」っと背中にかつぎ、右へ左へヨロヨロとしながら、どこかへ向かって歩きだしました。

「あれじゃ酔っ払いの千鳥足だよ…」
と、笑いをこらえつつ私は、クのあとをつけて行ったのです…

    

クが向かった先は、昔クが保護された大きな公園でした。
クは公園で暮らす猫たちに、持ってきたカリカリを少しずつ配りました。

みんな嬉しそうにカリカリを受け取っています。
しかし、なんといっても野良猫の数が多すぎて、とても足りそうにありません。

あっという間に、クが持って来たカリカリは、すっかりなくなってしまいました。
まだ1粒のカリカリも、受け取っていない猫もいます。

クが、重みでフラフラしながらも一生懸命にかついで来たカリカリでは、
公園の猫たち全員に配ることなど無理だったのです。

ガッカリしたクは、泣き出してしまいました。
「本当にごめんよ。今日はクリスマスだから、みんなでカリカリを食べて、楽しく過ごそうと思ったのに…」

それを聞いた1匹の体の大きな猫が言いました。
「せっかくクが、苦労して持ってきてくれたカリカリを、みんなで分けようじゃないか」

そして、自分がもらったカリカリを、まだ受け取っていない猫たちに、分けてあげたのです。それを見ていた他の猫たちも、自分の分をみんなに分けました。

結局、猫たちの前には3粒ずつのカリカリが置かれました。

でも、誰も文句を言わないどころか、みんな嬉しそうに、ニコニコ笑っています。

「黒猫クのサンタさん、カリカリを持ってきてくれて、ありがとう。さあ、楽しくクリスマスパーティーをやろうじゃないか」

みんな、心の中で感謝しながら、全員で分けあった3粒のカリカリを、
ゆっくりと大事に、味わって食べました。

不思議なことに、たった3粒のカリカリで、みんなが満ち足りた幸せな気分になったのです。

みんな、本当に喜びました。
「黒猫ク、ありがとう! キミはホンモノのサンタクロースだね」

美味しいカリカリを食べて満足した猫たちは、みんなで輪になってクリスマスキャロルを歌い、楽しくクリスマスの夜を過ごしましたとさ。

Copyright(C) 2006 otto&tu-, All Rights Reserved. (^_^;)

kuronekosant.jpg

| 黒猫クのクリスマス | 14:26 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

黒猫クのサンタさんもみんなも暖かい気持ちになれて良かったね。奪い合いじゃ何も生まれないですね。

つーさん、どうぞ楽しいクリスマスをお過ごしください!

| 小鉄 | 2006/12/24 22:39 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006/12/24 23:30 | | ≫ EDIT

ほんとに大食いになっちゃったのかと(笑)。そうじゃないんですね。
黒猫サンタさんの絵、かわいいですね~。
こんな感じで一生懸命、カリカリを運んだのでしょうか。
クちゃんならとっても似合うのに、
うちの子だとちっともこんなお話は浮かびません。
なんでしょうこのキャラの差は…(笑)。

| みか@猫大好き | 2006/12/25 13:00 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます @ つー


>小鉄さんへ
ホントに小鉄さんのおっしゃる通り
『奪い合いじゃ何も生まれない』ですよね。(o^-')b
いつか争いの無い、優しい世界になって欲しいです(*^-^)(^-^*)ネー。

>鍵コメさんへ
お申し出頂いた件、スゴク嬉しかったです。
いつも本当にありがとうございます。o(*^▽^*)o

>みかさんへ
みかさんチの世良くんの突っ込み、絶妙ですよね。(^m^*)
いつも楽しく拝見しています。!(^^)!
ウチのクは、大食いキャラがピッタシなんですよ。(*^▽^*)b

| つー | 2006/12/26 17:34 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006/12/26 21:40 | | ≫ EDIT

コメントありがとうございます @ つー

>鍵コメさんへ
頂いたコメント、思わず思いっきり号泣。。゚( ゚´∀`゚)゚。
めちゃめちゃ感動しました! ((((((≧∇≦))))))ウレシー!

| つー | 2006/12/27 15:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gattonero.blog36.fc2.com/tb.php/149-c46f17a2

TRACKBACK

PREV | HOME | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。